スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食材偽装」連鎖止まらず


今日のお題は 「食材偽装」連鎖止まらず



DSCF6767.jpg


食材の偽装表示に端を発した「偽装の連鎖」阪急阪神ホテルズに端を発した食材の偽装表示問題は、日本全国に広がってとどまるところを知らない。 有名ホテルだけではなく、百貨店の信用失墜。富久娘酒造による、いわば食品偽装というか誤表示事件です。また、ネットでは食材偽装や仮想商店街「楽天市場」のセールで発覚。



ここで気になることを書かれた京セラ、KDDI創業者 稲盛和夫氏は
京セラは、私が二十七歳のときに周囲の方々につくっていただいた会社ですが、私は経営の素人で、その知識も経験もないため、どうすれば経営というものがうまくいくか、目見当たりがつきませんでした。困り果てた私は、とにかく人間として正しいことを正しいまま貫いていこうと心に決めました。

すなわち、『嘘をついてはいけない』『人に迷惑をかけてはいけない』『正直であれ』『欲張ってはならな』『自分のことばかり考えてはならない』など、だれもが子供のころ、親は先生に教わった単純な規範をそのまま経営の指針に据え、守るべき判断基準をしたのです。





DSCF6772.jpg


経営について無知だったということもありますが、一般的に浸透しているモラルや道徳に反することをして、うまくいくことなど一つもあるはずがないという、これまた単純な確信です。人間として間違っていないか、根本の理論や道徳に反していないか、私はこのことを生きるうえでもっとも大切なことだと肝に銘じ、人生を通して必死に守ろうと努めてきたのです。と書かれてあります。やはり、人間として嘘をついたり、人に迷惑をかけたりしてはいけないと思いますが、なぜこのような事件が起こるのでしょうか。人間の本能「欲望」がでているのでしょうか。





クリックして、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


一生懸命働くこと、感謝の心を忘れないこと、善き思い、正しい行いに努めること、素直な反省心でいつも自分を律すること、日々の暮らしの中で心を磨き、人格を高めつづけること。すなわち、そのような当たり前のことを一生懸命行っていくことに、まさに生きる意義があるし、それ以外に、人間としての 「生き方」はないように思います。

※稲盛 和夫さんの著書 「生き方」 人間として一番大切なことより抜粋 

スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。