≪ 健康管理って? 》



今日のお題は「健康管理」



DSCF6479.jpg

日々健康に過ごすためにはどのような生活を過ごしていけばいいのだろうか。60歳を迎えると、つい年齢の変化とともに健康管理のことを考え始める。

今は健康食品などいろんなものが出回っている。何を飲み、何を摂取すれば一番いいのだろうか。
私は昨年11月から薬用養命酒を飲み始めた。なぜ、養命酒か?1年ほど前だったか、テレビで東洋医学の先生数人と患者さん数人の番組を観ていて、患者さんは初めは必ず西洋医学治療を受け、いろんな病院へ行っても治らず、東洋医学療法の漢方薬を受ける。ほぼ全員の方が完治し、さらにいままで以上に健康になったと話されていた。







DSCF7218.jpg

もう、5年前にもなるが中国青島で単身赴任時代に風邪をひき、病院につれて行かれると、土鍋のようなもので漢方薬を煎じている香りがどことなくただよってきていた。そんな訳で、薬用養命酒を飲み始めた。薬用養命酒は14種類の生薬が溶け込む滋養強壮の薬酒なので、いいのではないかと思っている。

あと健康管理は、私の場合運動。ほぼ毎日1時間から3時間のウォーキング。
食事に関しては夜は必ず納豆を食べる習慣にしている。醤油やソース類はあまりかけず塩分控えめで食べる。

そして、早寝、早起き。夜は9時に床に入り、朝は4時に起床。それから、中国語の勉強、録画しておいたテレビ体操。朝食はトマトジュース、牛乳、バナナ、今流行のグラッセ。グラッセは大豆、野菜、果物系とそれぞれを食べている。頭の体操は読書をすること。

昨夜、NHKクローズアップ現代では、飽食の時代と言われて久しい今、実は日本国民の栄養状態は終戦直後よりも悪化している。特に、栄養不足が即切実な健康問題に直結する高齢者。高齢者こそ肉を?!




DSCF6484.jpg



クリックして、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


一生懸命働くこと、感謝の心を忘れないこと、善き思い、正しい行いに努めること、素直な反省心でいつも自分を律すること、日々の暮らしの中で心を磨き、人格を高めつづけること。すなわち、そのような当たり前のことを一生懸命行っていくことに、まさに生きる意義があるし、それ以外に、人間としての 「生き方」はないように思います。

※稲盛 和夫さんの著書 「生き方」 人間として一番大切なことより抜粋 

スポンサーサイト

Comment 0

What's new?