スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪ 弥勒菩薩(みろくぼさつ)を買いました ≫

DSCF6950.jpg


今日のお題は「弥勒菩薩(みろくぼさつ)を買いました」です。



DSCF6952.jpg


先日ホテルの中国料理店で昼食を終え、帰ろうと思ったところ、ふとデパートの紳士売り場を覗いてみたくなり、引き返しデパートに行った。そして健康のため 1階から階段で上り始め、ふと立ち寄ったところが祭事場。手作り家具を見ながら、やはり値段に価値がある製品はすこぶるよさを感じさせてくれた。

そして、仏像がずらりと並ぶコーナーへと足が運んでくれた。
一つ一つじっくり眺めていると、つい欲しくなってきた自分がいた。今まで仏像など興味もなかった自分が不思議に思え、今の自分の心境では「己を磨きたい」という思いだった。
そして、欲しいと思った仏像にはじめて触れ、仏像を目の前にして、心を引かれ思い切って買うことに決めた。



DSCF6958.jpg


買おうと一番の要因は、このところ稲盛和夫氏の本を読み、今までの人生60年の中で、考え方、生き方に関して一番感動を覚え共感を受け、学びがいあるか ら。また、今までの人生の中で、ものの考え方の根幹から修復してくれ、人間として、人として、生きていくうえ一番大切な心の教えが数々ある。
この教えを、この思いを、常に見て、常に教えを学び、一時も忘れず生きていこうという思いから「弥勒菩薩」を買った。



DSCF6959.jpg


稲盛氏は仏教を自ら勉強され、65歳で自ら仏教の世界に入門されたそうです。
二千五百年前にすでに解いていたお釈迦さまの「自利自他」「足るを知る」「三毒」「六波羅蜜」等の教えを解りやすく説かれ、また、幕末に現れ、明治維新を実現し、後に征韓論をめぐって下野し、西南の役に散った西郷隆盛が、生前に残した言葉をまとめた本が「南洲翁遺訓」を学んだ教えも説かれている。



さらに
人生の横糸となる「因果応報」よいことを思い、よいことを実行すれば、運命はよい方向に変わっていく。悪しきことを思い、悪しきことを行えば、運命は悪い方向へと変わっていく。善因は善果を生み、悪因は悪果を生むという因果の法則は厳然たる宇宙の真理なのだということを、稲垣氏は語っています。





弥勒菩薩(みろくぼさつ)とは
釈迦如来がこの世を去った後、56億7千万年後の未来に姿を現わすとされる仏で、それまでは天上界の兜率天(とそつてん)で修行を続けている。有名な半跏思惟の姿は、人々を救う方法を思い描く瞑想の姿といわれているそうです。



DSCF6963.jpg


有名な京都府京都市太秦の広隆寺霊宝殿に安置されている「宝冠弥勒」(国宝彫刻の部第一号)ですって。

日々を正すための仏像
暮らしを癒すための仏像
インテリアとしての仏像



クリックして、応援していただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Comment - 2

農場長

あらぁ・・・

そうですか、弥勒菩薩を。
それにしても、なかなかの風格。
色いろな人の思いを注がれてきたのですよね。
ぶんぶんさんもさまざまな思いをこの菩薩に
投げかけてみるのでしょうね。

2013/10/26(Sat) 23:07

Edit | Reply | 

ぶんぶん

★農場長さんへ

農場長さんへ
コメントおそくなり申し訳ありませんでした。

はい。弥勒菩薩を買いました。
自分の思いを弥勒菩薩に託して、
少しでも成長できればと思っています。

2013/10/30(Wed) 05:51

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。