感謝ってなに?



DSCF6715.jpg


感謝ってなに?

病気になったとき、寝込んで、初めて元気のありがたみを感じ「感謝」する。
しかし、今、毎日健康に過ごし、日々充実に暮し、何一つ不自由さもなく、何一つと不足、不平、不満などない。これを「感謝」と言えないのだろうか。何一つと不足、不平、不満が無いことがあたりまえのなっている自分がいた。反省

何一つと不足、不平、不満がない暮らしが「感謝」の心がなく、あたりまえのなっていることが怖い自分がいた。反省
この「あたりまえ」の心がいけない。


もし、もっとお金が欲しい、もっと休みが欲しい、もっといい暮らしが欲しい、もっと美味しいものを食べたいとか、欲求ばかりし、貪欲に走ったならば「感謝」の心は一つも生まれない。
この「感謝」のこころはどこからくるのだろうか。「感謝」は満足から生まれ、「不足」や「不満」からは生まれない。

いったい「満足」と「不満」は何の違いがあるのか。心の問題であった。
たとえば物質的な考えれば、物が多ければ満足、少なければ不満といえるでしょうか。同じものでも人は満足する人もいます、また、足りないと思う人もいます。
やはり、その人その人の心の問題なのでしょうか。


DSCF6366.jpg

そこで、
【足るを知る】心が大切なのでしょうね。
足るを知るの解説
人間の欲望にはきりがないが、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。






ランキングに参加中! 60歳代バナーをクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?