≪ 人命救助 ≫



先日横浜市でJRの踏切の中にいた高齢者の男性を助けようとした40歳の女性が、電車にはねられ死亡した事故がり、現場の踏切には花などを供える人が相次いで訪れているようです。お悔やみ申し上げます。



081.jpg


私が40代の時このよう経験があります。

仕事が7時過ぎに終わり、女性社員とJR駒込駅から乗車し、西日暮里駅で千代田線に乗り換え、二つ目の駅、北千住駅で先に30代の男性が降りた。その男性はふらふらしながら、反対側のホームへ行った。その瞬間男性はホームから落ちた。私はとっさに、助けるために走って行ってホームに降りた。周りの人も気づき何人かがホームに寄ってきて、男性と私を引き上げてくれた。

今思えば、電車がきていたら、今の私はいなかったであろう。生きていることに感謝。


また、今思いには、とっさだったので「電車が来る」など思わなかった。ただ、人を助けるだけが頭の中にあった。今思いには、運命で助かった可能性は大きい。






ランキングに参加中! 60歳代バナーをクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 2

農場長

No title

今日の記事、カマキリさんの記事、京セラ・稲盛氏の記事。
考えさせられてしまいました。
生きることについて考えると言うことはなかなか難しい。
今の自分に疑問が出てしまいます。
いや、チョッと出始めている。

思ったように行くわけはないのですが・・・。
まだまだ、考えが足りないのですよね。
よくよく考えないと。

利他のつもりが利己になっていると言うことか・・・。

2013/10/04(Fri) 07:56

Edit | Reply | 

ぶん

★農業長さんへ

★農業長さんへ
おはようございます。
たくさん読んでいただきありがとうございます。

最近、稲盛氏の本にはまっています。自分を磨くためだと
思っています。やはり人生って自分を磨くために(世の為、人の為)
に生きてきたのではないかと、最近思うばかりです。これも歳のせい
でしょうかね(笑)

>思ったように行くわけはないのですが・・・。
私もそのように思っていましたが、この本を読み、いや「自分の心の持ち方だと
気づかされました。そのためには、一生懸命努力しかないと感じますが、
この「努力」ですが、自分では努力していると思っていても、宇宙規模からしたら
ちっぽけな「努力」です。自己満足的な「努力」でした。自分に言い聞かせています。

2013/10/04(Fri) 10:31

Edit | Reply | 

What's new?