「菜の花と豆腐の煮びたし」と「ゆめところ」
「菜の花と豆腐の煮びたし」と「ゆめところ」

若月酒造 (5)



日本には四季の移りかわりの中で旬を楽しむ食材があります。
また、日本酒の旬の味わいもこの時節ならではの楽しみがあります。

若月酒造 (2)



先月「所沢なび」ボランティアライターさんの交流会が行われ、その席で「ゆめところ」が出され、
フルティーで美味しかったので、日野屋酒店で買ってきました。

日野屋酒店のご主人と話していると、「ゆめところ」で造っている米は今年から五百万石にかわったそうだ。
酒造好適米の品種のひとつとのことだった。代表的な酒米のひとつで粒が大きいと。

もう一つ 「ゆめところ」にはこんな伝説があります。クリックは➡➡➡ 

若月酒造 (3)


「ゆめところ」のお相手に・・・・・。
「菜の花」は春一番の季節を感じる野菜といってもいいですね。
旬の「菜の花」をいただいたので「菜の花と豆腐の煮びたし」を作ってみました。

若月酒造 (8)


【材料】
菜の花・・・・1輪
絹ごし豆腐・・・・1丁
サラダ油・・・・大さじ1
塩・・・少々
水・・・カップ1
酒・・・大さじ1
薄口しょうゆ・・・大さじ1

【作り方】
1、菜の花は葉っぱを取り、軸の下の堅い部分は切り落とし調理する。
2、鍋に湯を沸かし、塩を入れて茎を入れてさっと茹で、引き上げ、氷水に入れる。(冬場なら冷たい水でOK)
3、鍋にサラダ油を熱し、菜の花を入れ、箸で返しながら軽く炒めて、油がなじんだら、水、酒を加える
4、煮立ったら、豆腐をスプーンで大きめにすくって鍋に加える。
5、塩と酒、薄口しょうゆで味付け、2分ほど煮る。豆腐が熱くなったら器に盛り、アツアツのうちにおすすめ。
6、完成です。「ゆめところ」で






「所沢なび」とは
埼玉県所沢市を中心に取材し、地域の発展のために情報発信しております。
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立し、
2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を
開始しました。➡➡➡



スポンサーサイト

What's new?