子の曰わく、位無きことを患えず、立つ所以(ゆえん)を患う。己れを知ること莫(な)きを患えず、知らるべきことを為(な)すを求むるなり。

子曰わく、
位無きことを患えず、
立つ所以(ゆえん)を患う。
己れを知ること莫(な)きを患えず、
知らるべきことを為(な)すを求むるなり。



先生がおっしゃった。「自分が地位を得られないことを嘆くのではなく、その地位に就くべき実力があるかどうかを心配しなさい。他人が自分の実力を認めてくれないことを嘆くのではなく、知られるだけのことをしようと、努力すべきだ」。

孔子


「位無き」とは、身分がない、つまり力を発揮する場がないということです。
「立つ所以」とは、自分にその地位に相応しいだけの力があるかどうか、ということです。
自分に地位がないことを気に病むのではなく、その地位に相応した実力があるかどうかを心配しなさい。
あるいは、自分を理解してくれる人がいないことを嘆くのではなく、世の中に知られるだけのことをしているかどうか、それだけの実力をつけるよう努力しなさい、という内容です。


1孔子

孔子は、立身出世ということを不定はしていません。正しい地位を得て、その地位にふさわしい実力を存分に発揮する。そしてよき国つくりをしていく、というのが孔子の描く理想です。
でも、なかなか実現はうまくいきません。地位や身分を求めるために、不正をする人がたくさんいた世の中です。逆に正しいことをしているのに、それだけの地位を得られないという人も、孔子以外にもたくさんいたでしょう。




スポンサーサイト

What's new?