子(し)曰(いわ)く、古者(いにしえ)、言を之れ出(いだ)さざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥(は)ずればなり。

子(し)曰(いわ)く、古者(いにしえ)、言を之れ出(いだ)さざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥(は)ずればなり。


子曰。古者。言之不出。恥躬之不逮也。

孔子

先生がおっしゃった「昔の人が軽々しくことばを口に出さなかったのは、自分の行いが言葉に伴(とも)なわないことを恥じたからである」。

「言葉」と「行い」について語った章句は、「論語」の中にいくつか出てきます。自分の言葉に責任を持つとは、言ったことを実行するということです。自分の言葉に責任を持つとは、言ったことを実行するということです。思慮が足りずに言葉が先行してしまい、実行できないことは恥だと言っています。

孔子は、言葉と行いが一致すればよしとしています。言ったことは必ずやる、有言実行は認めています。弟子の中では、このタイプは雄弁家の子貢でしょうか。言葉に責任をもつことは当たりませですが、それがなかなかできません。私たちは、言葉の重みを忘れがちです。孔子の使った恥という言葉を目にして、はじめて、言葉の重要性に気づくのかもしれません。恥という言葉に対しては、もっと敏感にならなくてはなりませんね。


スポンサーサイト

What's new?