スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【原因と結果】の法則

【原因と結果】の法則


今月買った本の紹介です。
今巷で売れている本「嫌われる勇気」です。自己啓発の源流「アドラー」の教え!
Amazonランキング4位です。


DSCF7129.jpg





そして、今日紹介する本は「原因と結果の法則です。

DSCF7132.jpg




P13 【思いと人格】より
「人は誰でも、内側で考えているとおりの人間である」という古来の金言は、私たちの人格のみならず、人生全般にあてはまる言葉です。

私たちは、文字どうり、自分で考えているとおりの人生を生きているのです。なかでも人格は、私たちがめぐらしているあらゆる思いの、完璧な総和です。

植物は種から芽生えます。それは、種なくしてはあらわれることはありません。そして、私たちは行いもまた、内側でひそかにめぐらされる思いという種から芽生えます。これもまた、その種がなければ現れることができません。
意識的に行うことでも、無意識的のうちに行うことでも、ひとつとして例外はありません。行いは思いの花であり、喜びや悲しみはその果実です。そうやって私たち人間は、自分自身が育てる、甘い、あるいは苦しい果実を収穫しつづけるのです。

DSCF7137.jpg



『 心の中の思いが 私たちを創っている
私たちは 自分の思いによって創り上げられている
私たちの心が邪悪な思いで満ちているとき 
私たちは いつも傷みがつきまとう
雄牛悩ます荷馬車のようにして

もし私たちが清い思いばかりをめぐらしたなら
私たちには喜びばかりがつくまとう
私たち自身の影のように 』




P24 「原因と結果の法則」のしくみ より

外側の世界である環境(原因)は、心という内側の世界に合わせて形づくられます。
そして、好ましい環境(原因)と好ましからざる環境(原因)の双方が、究極的には、そこに住む人間の利益に貢献します。人間は、自分自身の果実の収穫人として、苦悩と喜びの双方から学ぶことができるからです。

人間は、心の奥底の支配的な思いにつきしたがい、誤った行いをつづけながら、また正しい行いに努めながら、やがては、それらの結果である自分自身の外部環境(原因)に行きつくことになります「原因と結果の法則」はあらゆる場所で機能しているのです。

人々が刑務所に入り、苦しんだりするのは、過激な運命や環境のせいではけっしてありません。かれらがそうなるのは、ひとえに、彼ら自身の不純な思いと利己的な願望のせいなのです。

澄んだ心をもつ人間は、たとえどんな誘惑を受けようとも、けっして犯罪に走ったりすることはありません。心の中で養われる、パワーを増した、犯罪思想が、機会をとらえてそれ自身を外部に漏らしたとき、犯罪は発生します。



DSCF7135.jpg


ジェームス・アレン
1864年、英国生まれ。
父親の事業の破産と父親の死によって学校を退学、以後さまざまな仕事に就きながら独学で学び、38歳で著作活動に専念する。作家としてのキャリアが他界した1912年までの9年間と短いが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読され、現代成功哲学の祖と知られている。

私が20代のとき読んだ、デール・カーネギー氏も強い影響を受けていたことを知り、感激した。このジェームス・アレンを知ったのは4年前、京セラ・KDDI創業者、我が尊敬する稲盛和夫氏の本で読んだのが切っ掛けであった。







にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment - 6

eco

博士さん、

ご実家が熊本だったのですね。
今なお余震が続き、不安な思いをされて過ごされている方がたくさんいっらしゃる現実に心が痛みます。
ご実家が、被害にあわれた博士さんの心中はいかばかりかとお見舞いの言葉もありません。
一日も早く平穏な暮らしが戻りますようお祈りします。

原因と結果の法則、
ちょっとむつかしいですが、共感します。
物事には、必ず原因があり結果があると思っていましたが、
「私たち人間は、自分自身が育てる、甘い、あるいは苦しい果実を収穫しつづけるのです。」
には、え~そうなんだとビックリ。
日々の中で少し思いだしたいです。

2016/05/07(Sat) 22:18

Edit | Reply | 

博士

Re ecoさん

ecoさんへ

お早うございます。

お見舞いのお言葉ありがとうございます。

まさか、熊本がこんな被害になるなんて夢にも思っていませんでした。
今でも思いますが、2度目の本震さえなければ、被害はまだ少なかったはずです。
今でも、余震が続き、実家では眠れない日を過ごしていることです。
被害者のみなさん、かなりストレスが溜まっていることだと思います。
一日も早く余震がなくなることを祈り、また、一日も早い復興を祈るばかりです。

原因と結果の法則、読んでいただきありがとうございます。
私も1回読んだだけでは理解に苦しむところがあります。
このような本は何度と繰り返し読んでいるうち、少しづつではありますが
理解が深まってきます。

世の中で生活していくと、人間同士のいざこざがあり、「なぜ?」
このような結果になったんだろうか?やはり、突き詰めていくと
「原因」があったことを知ることができ、反省します。

このような、自己啓発の本を読むことで、自分の生き方が正しいのかどうか?
参考になります。残り少ない人生ですが、正しく生きていこうと思っています。

2016/05/08(Sun) 07:08

Edit | Reply | 

map

こんばんは

博士さんのご実家が被害に遭われたのですか・・・
さぞかし心を痛めていらっしゃることとお察しいたします。
ご実家は、住むことができない状態になってしまったのですね。
でもご家族、ご親戚の方々は皆さんご無事なのでしょうか。
どこぞの駐車場で車の中で暮らしてると言うニュースをよく聞いていますが、その中のおひとりだったとは。
余震の回数も膨大になり、みなさまのご心労も限界でしょうね。
一刻も早く平穏な日々が戻りますことをただただ祈るばかりです。

「原因と結果の法則」とは、ベストセラーなのですか?
読まれている方がたくさんいるようですね。
運命と言う言葉がありますが、それも自分が行ったことの結果ですね。
本に書かれていることはもっともなことですが、正しく生きることを実践するのはなかなか難しいことです。
そうあるよう努力する姿勢が大切だと言うことでしょうね。

2016/05/08(Sun) 21:35

Edit | Reply | 

padme

私も何冊かこういう本を読んだのですがその時は「そうそう!」って思ってもすぐに忘れちゃうボケ頭なので今だったらメモってそれも忘れないようなメモの仕方じゃないとダメかもです。。。

ボケ防止にナンプレをやっているのですが、そのために買った本(3冊)も手付かずでww

博士さんにピッタリの本!って勝手に感じちゃってます ^^;

2016/05/09(Mon) 10:56

Edit | Reply | 

博士

Re mapさん

mapさんへ

こんばんは。
まさかこのような大きな被害を受けるなんて思ってもいませんでした。
日本は地震国ですが、震度7が2回も続くと、耐震構造の家も被害を
受けているようです。今後、国のようで耐震化が変わるかもしれませんね?

兄嫁に何度となく電話していますが、やはり余震が続くため、怖くて眠れなく
ストレスが溜まってしかたないと言っております。一日も早くおさまってくれ
ることを祈るばかりです。

この本は100年前に書かれたようですが、今だかって自己啓発として、
長く読まれているようです。

mapさんが言われるよう、正しく生きることを実践することは難しようですが、やはり、なにごとも努力することが一番でしょうね。
私はこの本を何度となく読み返しては、身にもって得ようとしています。

2016/05/10(Tue) 18:02

Edit | Reply | 

博士

Re padmeさん

padmeさんへ
こんばんは。

padmeさん言われるよう、私も読んではすぐに忘れます(笑
そんで、身に付くよう幾度も読み返しては、理解を深めていますが、
なかなか何度読んでも、難しいところが
あります。

歳を取ってくると、覚えも悪くなり、理解力も衰えてきていますね(笑
でも、難しい本ですので、ボケ防止になっていますね(笑

私はこの系統の本は大好きなんですよ(笑
くそまじめだから(笑

2016/05/10(Tue) 18:09

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。