スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きょうの論語
論語

DSCF6705.jpg


DSCF6707.jpg

この本は昭和3年5月6日に初めて発行された「論語」の本です。
住所も東京市になっています!

DSCF6709.jpg




【漢文】
子曰、学而時習之、不亦説乎。有朋自遠方来、不亦楽乎。人不知而不慍、不亦君子乎。

【現代語訳】
子曰わく、学びて時に之れを習う、亦た説ばしからずや。
朋有り遠方より来る、亦た楽しからずや。
人知らずして搵らず、亦た君子ならずや。

DSCF6710.jpg




[解説]
孔子先生はおっしゃいました。
『学んだことをいつも繰り返し復習していくと、理解が深まっていく。なんと嬉しいことでしょう。
同じ志を持った友人と楽しく語りあえる。なんと楽しいことでしょう。
人が自分の努力や実力を認めてくれなくとも、そんなことではがっかりしない。自分の為に努力を続けられる人こそ君子ですね』

DSCF6713.jpg




人間の生き方としてもっとも大切な教訓です。それゆえ「論語」の冒頭に揚げてあり、論語は約500章句あり、その中で一番初めに書かれた章句です。

「学びて時に之れを習う、亦た説ばしからずや」とは、人の人たる道、すなわちこの文を学び日常生活でこれを身につければ、ことごとく我がものとなると説く。すなわち「物我一体」の境地に達する。これこそが「知行合一」の極致であり、喜ばしいかぎりであると。渋沢栄一は語っています。




スポンサーサイト

Comment - 2

mari

No title

博士さん、お元気ですか?
今年も残り少なくなりましたね。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいね。

2015/12/29(Tue) 20:06

Edit | Reply | 

博士

★mariさんへ

★mariさんへ

おはようございます。
今年も今日一日となりましたね。
mariさんもよいお年をお迎えください。

2015/12/31(Thu) 05:30

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。