知ること、好きになる、楽しむ。
論語
知ること、好きになる、楽しむ。


DSCF6079.jpg




人は「学び」そして「知り」「好きになり」「楽しむ」ということは、年齢を問わずに自分自身を成長させることができると思う。
人生、学ぶことに楽しみを見出すことができれば、豊かな人生を送ることができると感じている、このごろ。

論語に(原語)『子曰、知之者不如好之者、好之者不如樂之者』

子日わく、之を知る者は、之を好む者に如かず。之を好む者は、之を楽しむ者に如かず。

現代語訳孔子がおっしゃいました、
「あることを知っているだけの人よりも、それを好きになった人のほうが優れている。さらにそれを好きになった人よりも、楽しんでいる人のほうがもっと優れている」

何ごとも知らなかったことがわかると嬉しいものですね。知る喜びを体験すると、またその次を知りたくなり、理解が深まると、知りたいという欲求はもっと大きくなります。『知ること』は道を究めるための第一歩といえます。

DSCF6082.jpg




僕は論語を勉強し始めて,早1年になります。きっかけは3年前の8月、図書館から借りてきた一冊の本。それは、京セラ、KDDI創業者の稲盛和夫氏の「人生王道」。今まで読んだ数多くの中で、いまだかってない解りやすくとかれた経営や生き方を哲学的に書かれてあった。また、『論語』や『仏教』の教えの言葉を分りやすく解説され感銘を受けた。それから1年を通して13冊ほどの稲盛和夫氏の本を読み終え、中には3回読み直すほどの本もあり人生にかけがえない言葉をたくさんいただいた。読み終えてから、論語に興味をもち、やっと1年が経った。

DSCF6076.jpg






今年1月「論語のCD」が発売されていることを新聞で知りえたが、3万円もするので、控えていた。しかし、自分にとって一生の宝物になるかも知れないと思い、今年2月安岡定子先生のCDを買った。

CDは10枚セット、100の章句が録音されていて、それをiPodに保存して、通勤電車の中で聴いている。目標は毎週1章句を暗記し、意味の内容も覚えるように頑張っています。僕の計画では100章句を2年係りで勉強する予定だ。

さらに、その後は、孔子が生まれた時代「春秋時代」の歴史や孔子の弟子たちの生き方を学んでいきたいと思っている。さたには定年退職後は論語教室で学び、日本各地にある、孔子のゆかりを訪れたいと考えている。

まずは「湯島聖堂」や栃木県の「足利学校」茨城の「弓道館」山形県の藩の財政再建と風土の乱れを正すため、人材育成の目的で設立(1905年)「致道館」や福島県の白虎隊精神を育てた「日新館」など全国各地に重要文化材がたくさんある。

DSCF5203.jpg




さらに学ぶことはたくさんあり、NHK大河ドラマ、「花燃ゆ」吉田松陰と言えば世界遺産に登録された、松下村塾です。久坂玄端、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、山田顕義、品川弥二郎など、明治維新の原動力となり、明治新政府に活躍した多くの逸材を育てました。
吉田松陰は幼少のころから「論語」を勉強していた。そのゆかりを訪れてみたいと思っています。

論語は一生学んでいくつもりでいる。



DSCF6102.jpg





スポンサーサイト

Comment 4

padme

No title

  ↓ 熱中症大丈夫ですよね?
博士さんなら・・・ 慎重そうですもの。。。^^;

いやー お勉強スゴイですねー。。。
目標をちゃんと持ってるのってホントに尊敬ものです!

私はシングルで子供達を育ててる間、どうにも自由になるお金もなく今はやっと少しだけやりたい事を・・・そう思って長くやってるものは健康の為、保険代わりに!ってそれだけは続けてるジャズダンスがもう30年近く(通算ですが)あとは絵手紙が15年くらい・・・

どちらも覚える物ではなく覚える&検定(資格)はシングルの肩書で市が援助してくれたものは苦手なヘルパー以外は片っ端から取りましたが、もう何年か前から覚えるのが歯痒くてイラっとしちゃうので苦手になっちゃって・・・
今は覚えなくても良いかな?って物だけなんですよね。。。
でも覚えて初めに資格とかとっておけば今時点で違う自分になってたのかも・・・と。。。

いやいやスイマセン! 自分の事ばかりで・・・
目標を持ってる博士さん! 素晴らしいですよね。。。
今後も頑張ってくださいね・・・ ♪

2015/08/04(Tue) 14:33

Edit | Reply | 

map

こんばんは

博士さん、こんばんは。

すっかり論語に熱中の様子。
そう言うものがあるってとても素敵なことですね。
出会うべくして出会った論語なのでしょう。
知ることから好きになるまでに至るのはなかなか難しいことです。
一歩が踏み出せないからです。
好きになったらそれはもう楽しむことは当然でしょうか?

パソコンを始めた時、どんどん興味が広がって独学も楽しかったです。
今はカメラが楽しいけれど、好き、楽しむ、と上達はまた違いますよね。
それは知ることを省いてるからでしょうか(^_^;)

将来の夢まであって、定年がやってくるのが楽しみなのでは?

2015/08/04(Tue) 22:14

Edit | Reply | 

博士

padme さんへ

padme さんへ

こんにちは!
はい、今のところいたって健康に気お付けているので、熱中症大丈夫です。

水分を補給したり、各部屋の窓のカーテンを閉め切って、できるだけ温度
が上がらないようにしています。

そうですね。私はなんでも目標を立てるのが好きで、論語もあるていど、
期限を決めて頑張るつもりです。

padme さんんもすごいじゃないですか!
ジャズダンスが30年!
絵手紙が15年!
資格もいろいろお持ちのようですが、長く続けることは大変だと思いますし、
続けて初めて自分のものになっていきと思います。

私も論語など覚えようと努力していますが、やはり歳なのでしょうね。
なかなか頭に入りません。でも、何度も何度も繰り返したり、復習した
りして覚えています。
「習」とは生まれた鳥が、何度も何度も羽ばたき、一人前の大人へ育つのです。

今後もお互い自分のために頑張っていきましょう。

2015/08/05(Wed) 16:17

Edit | Reply | 

博士

★mapさんへ

★mapさんへ

こんにちは。

はい、いま論語のはまってしまっています。なにせ、毎回勉強するの
が楽しみです。

不思議な縁ですが、私として論語に出会て一生の宝物とであったと思ています。

何事も「知る」かた始まり、そして好きになっていく。この「知る」
という言葉が一番大切ではないかと思っていますし、現に何かに興味
を持って「知り」あとはネットなどで調べているうちに、だんだんと
好きになっていくのかなぁ~と思いますが。

mapさんもパソコンやカメラも、第一歩は好奇心をもち、そして
「知り」それから、学び、好きになって、今に至っているのではないでしょうか?

定年になれば時間的に余裕がでるので、先が楽しみですね。

2015/08/05(Wed) 16:27

Edit | Reply | 

What's new?