花ニラと大根の花


花ニラと大根の花

DSCF4795.jpg




今日はいつもより遅く目が覚め、時計を見たところなんと5時30分であった。さ~起きなくては。歯を磨き、顔を洗い、コップ一杯の水を一気に飲みこす。そして、カーテンを開け外の空を見上げてみると、今にも雨が降りそうな雲いきであった。

そして、7時過ぎごろからシトシト小雨が降りだした。午後にはまだ強くなりそうなので、日課のウォークングは朝から傘をさしてのお出かけになった。

DSCF4793.jpg




雨も降っていることなので、いつもの森のコースはぬかるみがあって、歩きづらいと思って道路をウォークングすることにした。道路の端には、花ニラや大根の花が咲き始めている。

DSCF4797.jpg




DSCF4799.jpg



毎年見かける光景だが、道路の端に咲く花はどことなく、心を落ち着かせてくれる。

DSCF4803.jpg




花ニラのことを調べてみたところ。
日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)として導入され、逸出し帰化している。球根植物であるが、繁殖が旺盛で植えたままでも広がる。と書かれてあった。


DSCF4808.jpg





大根の花は
原産地は地中海沿岸 栽培は古代エジブトやギリシャの時代から 日本へは中国経由で渡来 918年の「本草和名」に「莱箙」として記載。書かれてある。

DSCF4810.jpg


DSCF4813.jpg

通勤電車の車窓から大根の花がいっぱい咲いているのが見られる。でも、都心に電車は進むにつれ、少なくなってくる。




新緑も始まっていた。

DSCF4805.jpg




スポンサーサイト

What's new?