明けましておめでとうございます。


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします



DSCF3919.jpg





我が元旦の儀式を紹介いたします。

元旦朝の儀式は、まず私が “若水” を汲むことから始まり。
我が田舎でも父が朝一番で若水を汲んでいたので、伝統を引き継いでの儀式です。

この若水でお茶に梅干を入れた、”大福茶”や雑煮など作るためのです。
家族全員が集まったところで「明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します」と
挨拶し、それから1年の健康を願って、お茶に梅干を入れた “大福茶” をいただく。

【大福茶を調べてみると!】
大福茶の由来は 、村上天皇(平安時代)の治世に京に疫病が蔓延し、六波羅蜜寺の空也上人が大ぶりの茶碗に梅干を入れたお茶をふるまったところ疫病が下火になり、その後、村上天皇が正月元旦に同じお茶を服して人々の無病息災を祈ったということです。王が服す茶で「王服茶」、これが「大福茶」になったようです。煎茶に梅干、結び昆布を入れ家族一同うちそろっていただく縁起茶ですが、新春を寿ぐにふさわしいものです。





次にお屠蘇を “赤酒”若い順からに飲む。
飲み終わったら、家族の繁栄を願って“数の子”を手のひらで受け取り食べる。
赤酒は古くから熊本地方に伝わる酒で、灰持酒(あくもちざけ)といわれる酒の代表的なものです。
熊本では伝統の祝い酒「赤酒」を用いるのが一般的。

【赤酒を調べてみると!】
赤酒は古くから熊本地方に伝わる酒で、灰持酒(あくもちざけ)といわれる酒の代表的なものです。
 米を原料に、清酒と同じような工程で仕込み、「もろみ」に木灰を投入することで、酸敗を防ぎ保存性をよくするという、日本古来からの製法を受け継いだ酒です。
 もろみに木灰を入れるという日本の酒の製法は、古くは平安時代の「延喜式」の中の記述にまでさかのぼることができます


話は長くなったが、それから、“雑煮”を食べる。

当然関西風の丸餅を入れたものだ。
ダシにはかつおダシ・昆布・するめイカをいれる。


そして、おせち料理を食べる。
これが博士家の伝統を引き継いだ、元旦の儀式。

スポンサーサイト

Comment 8

とあ

No title

あけましておめでとうございます

そのお家、それぞれに色々な
お正月の過ごし方がありますね

我が家はのんびり過ごしております

今年もどうぞよろしくお願いします(^^)

2015/01/01(Thu) 15:23

Edit | Reply | 

ryuji_s1

No title

博士さん
新年おめでとうございます
今年もよろしくお願いします
元旦の儀式
素晴らしいですね

2015/01/01(Thu) 16:20

Edit | Reply | 

博士

★とあさんへ

★とあさんへ

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

正月も各地、家系によっていろいろ違いがありみたいですね。
私は小さいころから育った、我が家のやり方を受け継いで行っていますよ。

あまり、儀式に乗っ取ったやり方はしないのでしょうね?

2015/01/01(Thu) 17:26

Edit | Reply | 

博士

★ryuji_s1 さんへ

★ryuji_s1 さんへ

新年おめでとうございます
今年もよろしくお願いします

私の父がやっていたのですが、父も育った環境で、正月の迎え方を儀式に従い、行っていたとおもいます。

2015/01/01(Thu) 17:29

Edit | Reply | 

mari

No title

博士さん
あけましておめでとうございます。

博士さんのお家のお正月の儀式、素晴らしいですね。
伝統は引き継いでいきたいものです。

博士さんは、関東なのに、お餅は丸餅なの?
九州も丸餅だったっけ?

今年もどうぞ、よろしくお願いします。


2015/01/01(Thu) 17:44

Edit | Reply | 

map

No title

博士さん、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

博士家のお正月は正統派の新年をお迎えなのですね。
我が家は神棚があることが唯一お正月らしさでしょうか。
重箱のおせちもお雑煮もいつの間にか消えました。
新年のお料理には、毎年何か目新しいものをといつも
porinさんのレシピから頂いています。
今年は蒸し豚と春巻きポテト、好評でしたよ。
泊まっていった孫たちも先ほど帰り、テレビの音がやけに大きく響きます。
お正月はもう終わった気分です。

2015/01/02(Fri) 16:15

Edit | Reply | 

博士

★mariさんへ

★mariさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

我が屋の儀式は、今考えてみると父の実家でやっていたのでしょうね?いつごろから行われていたのか興味あります。それを引き継いでいたのでしょうね。

九州は丸い餅です。毎年暮れに田舎から送られてきます。あんこ餅もです。

2015/01/03(Sat) 17:52

Edit | Reply | 

博士

★mapさんへ

★mapさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

小さいころから実家で上記のような儀式を行っていました。
そして、結婚しても我が家の伝統を引き継いでいます。
このような伝統的な行いはず~っと続けていきたいと思います。

毎年正月だけに出す重箱ですが、毎年妻が調理したものや市販
のおせち料理を詰めています。

mapさんところはいつのまにか消えたのでしょうか!
重箱があるだけで正月気分になれませんかね?

porinさんのレシピから蒸し豚と春巻きポテトでしょうか。
porinさんの料理は美味しいからいいですよね。

2015/01/03(Sat) 18:02

Edit | Reply | 

What's new?