スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪ 偉大な自然の力を味方につける ≫





DSCF6414.jpg


今朝は4時40分に目が覚め、1時間あまりのウォーキングを愉しんだ。最近の朝は、いっぽ、いっぽ秋もようのようで、ウォーキングするにはちょうどいい陽気だ。






DSCF6416.jpg


ウォーキングを終え、シャワーを浴び、朝食をすませた。そして、ネットで映画の上映時間を調べ、自転車で「風たちぬ」を観に行きことにした。

早すぎ、ビルの開館時間は9時からと書かれてあった。まだ、時間もあったので、「経営に求められる力」を読むことにした。








DSCF6427.jpg


P42より

「偉大な自然の力を味方につける」

良い思い、よい行いがよい結果を生む。

運命は変えることができるのだということを話さられています。よいことを思い、よいことを実行すれば、運命はよい方向に変わっていく。悪しきことを思い、悪しきことを行えば、運命は悪い方向へと変わっていく。善因は善果を生み、悪因は悪果を生むという因果の法則は厳然たる宇宙の真理なのだということを、稲垣氏は語っています。





DSCF6420.jpg


よいことを思い、よいことを実行すれば、よい結果が生まれる。悪いことを思い、悪いことを実行すれば、悪い結果が生まれる。この因課の法則は、人生においてはっきりしているわけですが、仏教ではこのことを、『因縁』という言い方をしたりするのです。と稲盛氏はこの本の中で書かれています。

また、我々はよく、因縁をつけられたといったりして、悪いほうに使っていますが、因縁と書きます。お釈迦様は悟りを開いて、森羅万象、宇宙の真理というのは、もともと「因」というものがあり、その因が「縁」にふれて結果が生まれる、これが厳然たる事実なのだとおっしゃっています。

続きあり。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。