子(し)曰(いわ)く、古者(いにしえ)、言を之れ出(いだ)さざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥(は)ずればなり。

子(し)曰(いわ)く、古者(いにしえ)、言を之れ出(いだ)さざるは、躬(み)の逮(およ)ばざるを恥(は)ずればなり。子曰。古者。言之不出。恥躬之不逮也。先生がおっしゃった「昔の人が軽々しくことばを口に出さなかったのは、自分の行いが言葉に伴(とも)なわないことを恥じたからである」。「言葉」と「行い」について語った章句は、「論語」の中にいくつか出てきます。自分の言葉に責任を持つとは、言ったことを実行するということです...
 05, 2016 04:33   

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。