漢字の歴史

漢字の歴史今からおよそ三千年前、最古の漢字が生まれた。「殷」という時代に発明された「甲骨文字」です。古代の書の亀甲獣骨に彫られた文字を、甲骨文と呼んでいます。これに対して、甲骨文と同じ殷の時代に青銅器に鋳込み、または刻まれた文字を金文があります。金文は、王などが祖先をまつる際に使った青銅器という道具に記した文字です。【甲骨文】甲骨文は、亀の甲や牛の骨に刻んだ文字です。商時代の人々は、日常の全ての行...
 23, 2016 20:14   

身体感覚で論語を読み直す。

身体感覚で論語を読み直す。「論語」の中に「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」今から2500年前、孔子の時代にはなかった漢字が含まれます。「四十にして惑わず」です。 漢字のみで書けば「四十而不惑」数字にして五文字です。孔子の時代には、存在しなかった文字があります。それは「惑(わく)」です。...
 14, 2016 15:51    2

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。