所沢の民話「河童の詫び証文」

所沢で一番大きい川は「柳瀬川」です。狭山湖を水源とし、久米、北秋津、上安松、本郷と流れています。今回は久米の柳瀬川にまつわる「民話」の話です。「河童の詫び証文」内容は、むかし柳瀬川に悪い河童がおり、夏になると人間の肝を取って、親分に御中元に渡すとう話です。 所沢の民話、第2弾 ✨そのお話はこちら➡➡➡ ...
 24, 2017 16:37    0

所沢に明治天皇が泊まった!

こんにちは。「所沢なび」ボランティアライターの“ぶん”です。 みなさん、所沢に明治天皇がお泊りになったことご存知でしょうか?明治16年(1883年)4月16日~20日、明治天皇は近衛兵の演習天覧のため飯能に行幸しました。この飯能行幸の際、行在所(あんざいしょ)として定められたのが、町の有力者であった齊藤与惣次(さいとうよそうじ)家です。明治天皇は16日、帰りの19日の2泊されました。 詳しくは➡➡➡ ...
 21, 2017 16:08   

所沢の民話 『三つ井戸』

みなさんこんにちは「所沢なび」ボランティアライターの“ぶん”です。 皆さん、所沢に民話があることはご存知ですか?昔、所沢という所は、水の不便なことで有名なところでした。とくに夏になると、ほとんどの井戸の水がかれてしまうのです。水汲みがあまりに大変なので、「所沢へは娘を嫁にやるな」とも言われていました。そんな所沢には「弘法大師の三つ井戸」と呼ばれる話が伝わっています。  所沢の民話 『三つ井戸』 をお楽し...
 06, 2017 16:55   

「所沢なび」ボランティアライターぶん

「所沢なび」ボランティアライター愛称”ぶん”です。今日ご紹介する方は[埼玉県伝統工芸師]雛人形造りの小寺様です。埼玉県は人形作りの盛んなところで、岩槻・鴻巣など全国的に知られていまが、所沢もこれらに次いで雛人形の産地として知られています。 所沢雛人形の起源は、今から178年前の天保10年(1839)のようです。今回は『初代埼玉県伝統工芸士』所沢雛人形造りの小寺様を取材させていただきました。以前36人いた職人さ...
 14, 2017 16:14   

What's new?